範囲・順位

法定相続人の範囲・順位

 民法では被相続人の「財産を引き継ぐことができる一定範囲内の人」を法定相続人といいます。
 相続人には、血族相続人と配偶者相続人があります。



相続の範囲・順位

 
配偶者は常に相続人になります。配偶者以外の血族相続人は相続の順位が上位の者から相続人となり、上位の者がいる場合は、その下位の者は相続人にはなれません。(例:被相続人の子供がいる場合には、被相続人の両親や被相続人の兄弟姉妹は相続人となることはできません。)


相続人の区分 順   位 相続人となる者
配偶者相続人 常に相続人となる 配偶者
血族相続人 第一順位 子(養子を含む)
第二順位 直系尊属(父母や祖父母等)
第三順位 兄弟姉妹
<




相続・遺言に関する無料相談を受け付けております。出張も無料です。
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

 053-589-4011
 katayama11@Katayama-office.com
       
       【営業時間】8:30~20:30 
       
かたやま行政書士事務所