相続方法

相続の方法の選択

 相続人は、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に、単純承認限定承認相続放棄のうち、いずれかを選択し、相続するかどうかの意思表示をする必要があります。


単純承認

 
被相続人のプラス財産もマイナス財産も、全て相続する方法。限定承認や相続放棄の手続きをせず、3ヶ月を経過した場合も単純承認したものとみなされます。


限定承認

 
被相続人から引き継ぐプラス財産の範囲内で借入金などのマイナス財産を返済し、その範囲を超える部分については、責任を負わない相続の方法。被相続人のプラス財産とマイナス財産と、どちらのほうが多いのか分からない場合等におこないます。相続人全員の合意のもと家庭裁判所に申し出ます。ただし、手続きはかなり複雑でほとんど利用されていません。


相続放棄

 
被相続人のプラス財産もマイナス財産も一切引き継がない方法。相続放棄は各相続人が単独で行うことができます。




相続・遺言に関する無料相談を受け付けております。出張も無料です。
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

 053-589-4011
 katayama11@Katayama-office.com
       
       【営業時間】8:30~20:30 
       
かたやま行政書士事務所