相続税の計算

相続税の計算

A:課税価格

 相続税の課税価格の計算は、相続または遺贈によって財産を取得した者ごとに、次のような手順で計算します。

①本来の相続財産 ②みなし相続財産の価格 ③生前贈与財産 ④非課税財産の価格 ⑤債務控除



<
①本来の相続財産
 相続財産とは、被相続人が相続開始時に所有していたもので、相続人等が相続、遺贈、死因贈与により取得した財産をいう。金銭で見積もることのできる経済価値のあるものは全て「本来の相続財産」となります。



②みなし相続財産(生命保険金、死亡退職金等)
被相続人が相続開始時に所有していた財産ではないが、被相続人の死亡を原因として支払われるもので、実質的には被相続人が相続開始時に所有していた財産と同一視して相続税の課税対象とされるものをいう。



③生前贈与財産
 相続開始前3年以内に贈与を受けた財産は生前贈与財産として、その価格が相続税の課税価格に加算されます。ただし、相続開始の年に受けた贈与については、はじめから相続税の課税対象とされ、贈与税は課税されません。
 加算の対象となる者は、その相続に係る被相続人から生前贈与により財産を取得した者で、相続または遺贈により財産を取得した者に限られる。加算される価格は、贈与時の価格で加算されます。



④非課税財産
 財産の性質、国民感情、公益性、社会的な見地などから課税対象とするのが適切でない財産については、非課税財産とされています。

・祭祀財産である墓地・仏壇・仏具等
・相続人が取得した生命保険金などのうち、一定の金額
(500万円×法定相続人の数)
・相続人が取得した死亡退職金などのうち、一定の金額
(500万円×法定相続人の数)



⑤債務控除

 一定の債務と葬式費用を相続または遺贈により取得した財産から控除することができます。




相続・遺言に関する無料相談を受け付けております。出張も無料です。
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

 053-589-4011
 katayama11@Katayama-office.com
       
       【営業時間】8:30~20:30 
       
かたやま行政書士事務所