相続の流れ

相続の流れ
 

 
不幸にも、身内に「死」が訪れてしまった場合

「何をしたら良いのだろう?」
「誰に頼めば良いのだろう?」


 と慌ててしまうのが普通です。
 
 期限が定められている手続きも少なくありません。
 
 そんな時に御相談を伺い、期限に間に合うよう手続きを進めていくのが、私の仕 事です。

 ここでは、一般的な「相続の流れ」を紹介します。


①相続の発生 死亡によって発生します。「死亡届」を医師が作成した「死亡診断書」を添付したうえ、7日以内に市区町村役場に提出します。
②遺言書の有無の確認 自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所において検認手続きを行わなければなりません。また、封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人の立ち会いのもと、開封を行う必要があります。※公正証書遺言は、検認は不要です。
③相続人の確定 被相続人の誕生~死亡までの戸籍等を調べることにより、相続人となり得る者を客観的に調査し、「相続関係説明図」を作成します。
④相続財産の確定 プラス財産、マイナス財産を調査して、「相続財産目録」を作成します。
⑤相続方法の決定 単純承認限定承認相続放棄いずれかを決定し、限定承認・相続放棄の場合には、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をしなければなりません。
⑥準確定申告 被相続人が確定申告をしていた場合、亡くなった方の死亡日までの所得の申告を、相続の開始を知った日から4ヶ月以内に行います。
⑦遺産分割協議 相続人全員の話し合いで分割割合を決定し、「遺産分割協議書」を作成します。遺産分割協議書は、相続財産の名義変更等で必要になります。
⑧相続財産の分配・名義変更 不動産の所有権移転登記(司法書士業務)、預貯金等の名義等の変更
⑨相続税の申告・納付 相続金額が基礎控除額を上回る場合、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に行います。基本は金銭で一括納付します(税理士業務)。
⑩相続完了
<



相続・遺言に関する無料相談を受け付けております。出張も無料です。
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

 053-589-4011
 katayama11@Katayama-office.com
       
       【営業時間】8:30~20:30 
       
かたやま行政書士事務所